welcom

餃子のおいしい調理方法

調理方法そのA
調理方法そのA

餃子のおいしい焼き方

☆調理に関するご注意

☆  凍ったまま調理してください。
調理の際はやけどにご注意ください。
封をあけたら食べきるようにしてください。
食べきらない場合は、外袋にダイアミロンMF(多層フィルム構造)を使用しています。   
上記の袋にしっかり封をして保存されますと風味が損なわれにくくなります。
☆  いったん解けたものを再び凍らせると、品質が変わることがありますのでご注意ください。
☆    ご家庭の冷凍庫は温度変化が大きいので、購入後は賞味期限内であっても早めにお召し上がりください。

この餃子のおいしさの秘訣は、熟成にんにく。日本有数の品質を誇る青森産にんにくを独自の製法で1年以上熟成させることで、にんにく特有の強い臭みや辛味のかどが取れ、複雑な旨みと食欲をそそる香りをもつ秀逸な調味料ともいえる味わいになります。 この熟成にんにくを加えて作る具材には、SPF豚や新鮮な野菜を使用。キャベツやネギニラが上質な豚肉とあいまって、ジューシーな肉汁を生み出します。 お召し上がり方も簡単。冷凍のままフライパンにおいて、レシピ通りに焼き上げるだけ。たった5分でおいしい餃子の完成です! カリッと焼けた薄皮の中には、上質な豚肉の肉汁と数種類の野菜の甘みがたっぷり。そして、1年以上熟成させたにんにくが何ともいえない旨みと香りを生み出しています。

ページトップに戻る